本文へ移動

株主の皆様へ

株主の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 
11月17日土曜日、本社ビル3階会議室に於きまして「日本情報通信株式会社 第33回 定時株主総会」を開催し、予定議案につきまして滞りなく承認可決されましたことをここにご報告致します。
 
当社は、社員一同「お客様に満足して頂けるソリューションの提供」を念頭に置き、参画プロジェクトの成功に向けて邁進してまいりました。その甲斐あって昨年度は創立以来最高の売り上げを達成することができました。
しかしながら、今期は会社信頼を損なわない為の手段として社員の勤怠不良の改善に力を入れ、その結果として勤怠について改善出来ない数名の社員が自主退職の形となってしまいました。
そのため、昨年度売上からは12%の売り上げダウンとなってしまいましたが、当初の目標予算については予算達成し、創立以来継続している利益確保についても達成出来ております。
これもブラッシュアップされた残存する社員の努力と株主の皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。
 
日本経済は、緩やかに回復基調にあると言われておりますが、当社を含む中小企業は、深刻な人材不足に陥っております。この状況の中、当社におきましては、人材確保を最優先課題に掲げ、新入社員及び中途採用の採用に力を入れるため、人材紹介企業の利用及び社員の福利厚生の充実に取り組んでおります。また、会社全体の技術向上、社員の育成、ビジネスパートナーの確保にも継続して注力し、当社の強みであるインフラ・運用設計/構築技術の提供に力を入れ事業の拡大を目指します。
今後ともなお一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。
 
今後も社員一同、明るく元気のある会社になりますよう努力し、お客様に満足して頂ける ソリューションの提供に全力で取り組んでまいりますので、株主の皆様におかれましても 重ねましてご理解と今後のご支援を賜りますようお願い申しあげます。
平成30年11月
代表取締役
TOPへ戻る